toushi

昭和の巨額投資詐欺事件の一つ「投資ジャーナル事件」

toushi

今でもよくある謳い文句に「絶対儲かる」とありますが、投資ジャーナルの手口も同じでした。
投資ジャーナルの中江滋樹会長は1970年代初めにコンサルタント会社を興し、1978年に「投資ジャーナル」を設立。
中江会長はテレビや雑誌などの取材にも頻繁に顔を出していました、有名芸能人や有力政治家などとも親交がありました。

自身の発行する株取引関連の雑誌などで紹介した「儲かる」銘柄などを10~数百万円で紹介していました。
その際に保証金を支払えば元金の10倍ほどの融資を受けられると勧誘してニセの「預かり証」を渡した。
実際には何の取引もせず、被害者約7684人から総額約584億円をだまし取ったとされています。
投資ジャーナル社は証券取引業の免許がないのに出資金を預かり株取引をしたとして、証券取引法違反(無免許営業)で捜索された。
集めたお金のうち百数十億円は戻ってこないため、中江会長は詐欺罪により懲役6年の服役をする事になったものです。

暴力団関係者の資金を持ち逃げして海外逃亡までしてしまうことにもなり、
一時消息が不明な時期には「この暴力団関係者に報復を受けたのでは?」と噂されていました。
また、中江会長の逮捕前日には「豊田商事事件」の永野一男会長が刺し殺される事件がありました。
この結末に危機感を覚えた「駆け込み逮捕」とも言われています。

投資ジャーナル社の発行する「投資ジャーナル」「月刊投資家」などの株式関連の雑誌は書店で販売されていました。
町の書店で誰でも手にでき、目にする事ができるのでいろいろな層の人たちに広まったのでしょう。
今のようなネットワークのしっかりしている時代ではなかったので自己管理・情報収集能力なども不足していた事が被害をさらに大きくしたのでしょう。
相手からパンフレットを送りつけられて術中にハマッてしまう現在の手法とは違い、自分から「これならやってみたい」という衝動に駆られてしまったのでしょうか。