1db8280c78d3109fac166b9a8e026a78_s

FAC(エフ・エー・シー)による資産運用を謳った巨額詐欺事件の被害とは。

1db8280c78d3109fac166b9a8e026a78_s

福岡県の投資コンサルティング会社「エフ・エー・シー」は、会員約8000人から海外事業投資などへの運用目的で総額で約135億円を出資させましたが破綻してしまいました。

集めた金をそのまま他の会員の配当に充てるような事態になるまでは海外に投資したり、外貨での運用もしてはいましたが全てが失敗に終わったとされています。

以下に事例をまとめてみました。

——————————————————————

4カ国に10億円投資するも利益なし エフ社事件

2007年11月05日12時56分

福岡市の投資コンサルティング会社エフ・エー・シーによる出資金詐欺容疑事件で、同社がモンゴルなど海外4カ国での事業や外国為替証拠金取引に計約11億円を投資しながら、いずれも失敗していたことが福岡など4県警の合同捜査本部の調べでわかった。捜査本部は、同社には新たな出資金を集める以外に収入の見込みがなく、出資者に約束していた月5%の配当を支払い続けることは出来なくなると知りながら勧誘を続けていた、とみて調べを進めている。

調べでは、エフ社は04年末の設立から約1年半の間に、海外での事業への投資を次々に繰り返していた。

投資額が最大だったのはモンゴルの炭田開発事業で、約7億9000万円。出資者の勧誘セミナーでは「採掘した石炭を先進国に輸出して利益をあげる。現地の人も喜ぶ」と説明し、勧誘の材料として使っていたという。

同社はほかにも、サイパンでの土地購入に約1億5000万円、ベトナムでの工業団地開発に約4700万円、中国・上海での事業に約600万円をつぎ込んでいた。

しかし、捜査本部によると、押収資料などからは、こうした海外事業による収入は確認できず、いずれも失敗に終わっていたとみられる。にもかかわらず、セミナーなどでは「ビジネスと慈善事業を両立させる」などと海外事業で成果が上がっているかのように説明し、出資金を引き出していたとみられている。

また、捜査本部は、エフ社が出資者に「収益の柱」と説明していた外国為替証拠金取引でも、約1億4100万円を投資し、約7000万円の損失を出していたことを確認した。同社は「プロが運用して確実にもうけている」と宣伝していたが、実際は「まったくの素人がやっていた」(福岡県警幹部)という。

一方で、元社長の黒木博文容疑者(42)の1億3500万円、現社長の松隈茂則容疑者(54)の9580万円をはじめ、幹部らには多額の報酬が支払われていたという。「黒木元社長は報酬のほかにも、中洲のクラブで飲んだり高級車を買ったりして、派手に金を使っていた」と話す元社員もおり、捜査本部は集めた出資金の詳しい使い道を調べている。

——————————————————————

エフ社巨額詐欺:創業者ら起訴 会員から2330万円詐取--福岡地検

資産運用コンサルティング会社「エフ・エー・シー」による巨額詐欺事件で、福岡地検は16日、エフ社の創業者で前社長の黒木博文(42)=那覇市垣花町▽社長の松隈茂則(54)=福岡市西区下山門▽事業本部長の松本富雄(57)=熊本県天草市栄町=の3容疑者を詐欺罪で福岡地裁に起訴した。

起訴状によると、3被告は共謀して05年12月~06年5月、熊本市などで説明会を開催。「外国為替証拠金取引の運用で大きな利益を上げている」「CDセットを100万円で購入すれば毎月5万円の活動支援金を受け取れる」などと話して参加者を信じ込ませ、会員8人から計約2330万円をだまし取った。

エフ社はこれまでの調べで、約8000人から約135億円を集めた実態が明らかになっている。県警は詐欺容疑で16人を逮捕したが、地検は中心的役割を果たした3被告を起訴し、残る容疑者は同日までに処分保留で釈放した。

毎日新聞 2007年12月17日

——————————————————————

破たんは2006年頃から関係者も自覚していたようです。
配当金が出資金を上回った時点で「5%」から「3%」に引き下げられ、出資されたお金はそのまま配当へと回されたようです。
しかし総額約9億円の配当金に対して手持ち資金は6億円にも満たない状態だったそうです。

高額報酬に高級車とはまるで自分の金のように使っていたわけですが、投資した会員に対して罪の意識は無いのでしょうか。