「レバレッジ」+「オフショア」少ない投資でリターンは大きく、税金だって安い海外取引商品のリスクって?

9addbae2bb749776a913c872513a2723_s
海外には日本とはケタ違いの高額当選金の「宝くじ」がありますよね。
日本円で何十億円の当選金を手にしたという話題はニュースでも話題になったりしています。

こういう話を耳にすると「もしかして海外なら高額配当もあり得るのかも?」と思ってしまうでしょう。
「海外の口座開設で現地でのレバレッジを利用して高額配当も夢ではない」という勧誘も実際にあります。
ホントに日本国内での制限よりも高いレバレッジでの取引可能な商品は海外には存在します。
※「レバレッジ」とは、実際の投資金額に対して取引可能な金額の倍率のようなものです。

現在、日本国内でのFXの取引では25倍までのレバレッジは可能です。
でも海外では最高で1000倍ものレバレッジの可能な取引も存在するそうです。
こちらが100万円の投資を実際に行ったとしても、レバレッジ10倍なら1000万円の取引が可能となります。

この高い率でのレバレッジを利用して投資すれば儲かった際には予想以上の利益は出るはずです。
しかし逆のパターンでは元本をはるかに下回る事になってしまうので「リスク」は当然高くなってしまいます。

大きなレバレッジを謳っている取引会社には海外の口座を自力で解説する必要も出てきます。
例えば「セイシェル」「キプロス」「BVI」などオフショア(税金の安い・ほぼゼロ[タックスヘイブン])投資の可能な国への申し込みが必要になる場合が多くなります。

正規の取引を行っている会社も存在しますし、言語に通じておられる方なら開設から運用まで自力でもできるでしょう。
しかし「取引すら行わず」「追加の入金のみを指示する」一部の業者もあるそうです。
入金の方法は図解で送られてきても、出金の方法が記載されていないケースもあり「あとは自力でどうぞ」的なあしらい方の業者もあるそうです。
これで日本語のサポートが無かったら「何ともならない…」と思う方は少なくないはずです。

まだ架空の架空の口座に入金させて音沙汰ナシという手口に引っ掛かるよりも「リターン」があるだけマシかもしれませんね。