「取り返したい!!」二重詐欺という被害も続発しています。

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

投資詐欺の被害者に向けた「被害の回復」を謳った二重詐欺と手口による被害がまた増加しています。

特に、「リニア新幹線開通用地」「オリンピックの開催に関わる企業への投資」「景気の動向」に乗じた勧誘にのってしまい被害に遭った方も多くいらっしゃいます。
そんな方に「被害金を取り戻せる」という名目でさらにお金を搾り取る手口が発生しています。
「テレビなどのメディア取材」を依頼する手口や「NPO法人など架空の団体名」を使っての手口も多く発生しています。

最初の投資詐欺の場合は「アナタだけに…」「○日までにお振込みください」などと本人を焦らせて入金させるのですが、こういった被害に遭われた方に「大変でしたね」「大丈夫です、お任せください」などと “味方” であるかのようなスタンスで言葉巧みにお金を支払わせるというものです。
「○○法律事務所の者です」などと専門家をかたる手口にもお気をつけください。

いずれもメディアへの露出(番組やCM)でわれわれの味方のように思ってしまうので「被害を回復する」というキーワードがうまくハートを捉えてしまうのだそうです。

また被害者の方は「投資詐欺」でお金を支払ってしまったことを「家族」や「ご近所さん」などに責め立てられたりしていて心理的にも参っています。
そこへ「被害の回復」とくれば名誉も挽回できると思い込み「すがるような気持ちで」ハマッてしまうのです。

自分だけに「オイシイ話が舞い込んできた」と、お金を支払ってしまうとそれをキッカケに手口を変えてさらに追い討ちをかけてくるのです。

最初の「投資話」の段階ならば “金融庁””消費者庁” などのHPで登録企業などの確認も素早くでき、未然に食い止めることもできるのですが…。
投資の際には「儲けてやる!!!」というヤル気マンマンだった方は、今度は「取り戻してやる!!!」と違った方向へヤル気が向かってしまうのでしょう。