生命保険は誰の為?契約者貸付制度の罠 「信用」を盾にした金融商品に気をつけろ!

bedfd42e9a0bc9c0815c01ae8f93f970_s

聞く所によると、日本人の約9割は生命保険に加入しているそうです。
この世に生を受けてから、亡くなるまで「保険」のお世話になります。無論、先天的な病気等で加入できない方もいらっしゃいますが、「入っておかなければ…」と言う先入観が私達には植付けられているようです。「保険=信頼」と言う固定観念は捨てて、単なる金融商品であり、投資の対象として存在する無形商品なのだとの理解を新たにしたいと思います。

生命保険や損害保険を含めた所謂「保険」は加入しなければならないと言う先入観を植付けられ、加入する事を前提として「どの保険に入れば良いのか?」と選択を迫られます。半ば不安に駆られて、恐怖心に煽られて加入します。
実体験として、加入していないと何かあった時に「不安」である。そして、その気持ちを逆手にとって、保険商品を人生の節目節目に勧めて来る外交員もいます(それがマニュアル化されていますが)。そうした節目の出来事が保険に入る一つの動機付けになる訳ですが、安易に加入し、将来の為に、老後の生活の為にと備える年金商品等の過剰な保険料が家計を圧迫し、見直しを迫られるケースも多々あります。実際に、それによる契約トラブルも多発しています。

「契約者貸付」と言う制度もあります。これは、自分が払込んだ保険料を解約返戻金と言う意味合いで貸付し、金利をつけて返済するもの。生活上、どうしても必要な一時金等、不足した場合に有用な手段であり外交員もそうしたメリットを謳います。

しかしながら、デメリットの方は知られていません。「自分が払込んだ保険料だから、解約返戻金の意味合いだから。」「資金がまとまった時に返済して頂ければよいですよ。」と説明を受け、安易に思い込んでいると、返済が成されていない時に(そのそもその言い回しもおかしいが)利息分の一括返済を請求されます。その請求された利息分が支払い不能な場合は、それまで貸付けられた元本に加え未払いの利息分を元本に繰り入れし、それを新たな元本として金利計算をして請求されるのです。考えようによっては、二重に金利を払う事になるのです。放置しておけば雪だるま式に利息が増えていき、あっという間に返済不能の事態に陥ります。

商品としての運用利回りの良さや、将来受け取れる年金金額と払い込みした保険料の累計額を天秤にかけると、利率の良い時期の商品は投資の対象となりメリットになりますが、現在では外貨建ての商品が多く、一般的に言う「投資リスク」を堂々と謳って販売しています。本来であれば、そうした販売の仕方が金融投資商品としては当たり前なのですが、どうしても「保険」の意味合いが強く出てしまうため「保障内容」に目が行ってしまいがちです。外交員も保障内容を前面に出し勧めて来ます。

改めて言いますが、保険とは言え、これは(自分の老後に対する)投資商品である事を念頭において商品を選ばないと、保険料倒れになってしまいます。気をつけて将来設計に役立てて戴きたいと切に思います。勧誘と保障甘い言葉の罠にかからないように、約款はきちんと読み、不明な点はきちんと記録しておきたいものです。