蛙の子は蛙か?投資詐欺で逮捕された吉沢容疑者の経歴と背景

bc061a7aa0ce8fddfc40a569dffe16d4_s

「鳶が鷹を生む」と言う諺は、平凡な家庭から優れた子供が生まれる。そうした良い例えの一つだが、タイで逮捕された吉沢脩平(34)は、どうやら根っからの悪党らしい。同容疑者の経歴を諺で例えるとどうなるのだろうか?そんな事を思いながら、現在まで判っている経歴を関連記事と共に探ってみたい。
この様な犯罪に手を染める人間になったのには、何が考えられるのだろうか?

以下引用(各報道機関掲載記事から抜粋)

吉澤修平という男の還付金詐欺。海外逮捕の内容。

医療費の還付金名目の詐欺事件に関与したとして国際手配されていた不動産会社社長兼コンサルタント会社社長・吉沢脩平容疑者(34)=本籍・千葉県=が1日、タイの首都バンコクで現地警察により入管法違反の疑いで逮捕された。

吉沢容疑者は、医療費の還付金名目の詐欺を行っていたグループの主犯格として国際手配されていた。吉沢容疑者らは、市役所の職員を装って電話を掛け、医療費の還付があるなどと話し、自身が経営する会社に投資させる手口で、現金をだまし取っていた疑いが持たれている。被害者の多くは高齢者で、約600人が被害に遭い、被害総額は6億円に上るという。

「自分の会社の別の人間が詐欺をしていただけだ。自分は関係ない」と話しているという。また、逮捕時には吉沢容疑者が暴れ、警察官1人がけがをしたという。

吉沢容疑者は2015年にタイに入国し、タイ人の女性と結婚するなどし、逃亡を続けていた。吉沢容疑者は入国管理法違反容疑でタイ警察に逮捕され、近く日本に送還される。14日朝、タイから日本に移送され、兵庫県警が電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。
吉沢容疑者は集めた金を管理していた詐欺グループの主犯格として、国際手配されていた。

引用ここまで
  

免許証番号 東京都知事免許 (02)第089555号
免許の有効期間 H25年08月02日からH30年08月01日まで
法人・個人の別 法人
最初の免許年月日 H20年08月01日
商号又は名称 カブシキガイシャ ビザン 株式会社 美山
代表者の氏名 ヨシザワ シュウヘイ 吉澤 脩平
主たる事務所の所在地 東京都目黒区鷹番3-3-16
加入している宅地建物取引業保証協会 (公社)全国宅地建物取引業保証協会
資本金 5,000千円

各所から拾い集めた事実と推測に基づく吉沢容疑者の経歴は、「架空請求」、「闇金融」、「不動産会社」と考えられる。背後には暴力団関係者の臭いもしている。 投資詐欺を始めとする「特殊詐欺」業者達は、その投資目的で詐欺の「ネタ」 になる不動産(ワンルームマンションなど)を確保しなければならないが、そうした斡旋仲介も不動産業者の役割でも有る。また、こうした輩達は横の繋がりも強固な為、詐欺師集団の事務所を手配する役割も担っていたのであろう。つまり、特殊詐欺のネタとして不動産があり、最近の傾向として格好のネタになっていると言える。株や金融商品も胡散臭さが漂う昨今では、中国人の「爆買い」による不動産価格の高騰が目に見える確固たる事実となってしまった今、投資に関しても非常に目の肥えてきた日本人に対しては、生き馬の目を抜く様な巧みな詐欺しか生き残れなくなってしまったようだ。そうした環境で犯罪を繰り返してきた吉沢容疑者は、タイに住みタイ人女性と結婚し生活をしていたようだ。「タイ」にどんなメリットがあるのかは定かではないが、何かあるのだろう。吉沢容疑者はそんな時代背景と共に悪行を続けてきた。容疑者にとっては悪行も「普通」の事に見えるのだろうが。。

「パナマ文書」を皮切りに租税回避地へのペーパーカンパニー、口座登録等がマネーロンダリングや特殊詐欺のマネープールとして機能している事実を考えると、吉沢容疑者が「トカゲの尻尾」として切られた可能性が高い。
事実は氷山の一角が見えただけに過ぎない。