堅実な投資商品。時に「金(GOLD)」はMONEY(銭)を集める手段に。安心感を逆手に取った詐欺集団の犯行。

2b58ba39ddc37ef3e8db0184c5a4ba7c_s

下記の事件は、最もありがちな典型的な詐欺事件だろう。
ありがちで、当たり前すぎる投資話であり、尚且つ、手堅い資産である「金=GOLD」に投資させて契約を結び、出資を促し、挙句はドロンと姿を消す。そんな投資詐欺事件だ。「金=GOLD」をちらつかせ「金=MONEY」を騙し取る。

以下、引用–

金(GOLD)投資詐欺で10人逮捕=250人で5億円超被害か-兵庫県警

(2016/07/13-12:23)時事ドットコム

 金地金やプラチナへの投資名目で高齢者らから現金をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課などは13日、詐欺容疑で、投資会社「ジェーシーアイ」(大阪市中央区)元社長の山本辰人容疑者(51)=大阪府四條畷市清滝=と、現社長の前田宏一容疑者(45)=同府寝屋川市国松町=ら10人を逮捕した。両容疑者は「違法な行為はしていない」と否認している。
 
 同社は3年間で兵庫や大阪、京都、奈良など近畿2府4県を中心に、約250人から約5億7000万円をだまし取ったとみられる。
 逮捕容疑は、2012~13年、兵庫県加東市に住む60代女性ら、県内外の50~80歳代男女5人に、金地金の分割購入を持ち掛け、頭金などの名目で計約400万円をだまし取った疑い。
 
 同容疑者らは勧誘時に、「値上がり時に途中解約すれば、差益を受け取れる」などとうそを言い、代金名目で多額の現金を詐取したとみられる。契約者が値上がり時に解約を申し出ても、「さらに値上がりする」と応じなかったり、値下がり時には「損失が広がらないように」と新たな契約を持ち掛けたりしたという。被害者の中には投資金3200万円をだまし取られた人もいるという。
 「ジェーシーアイ」は、09年に設立。12年ごろから電話や訪問販売などで、「少額からできる手軽な投資」などとうたい、金の分割購入を勧誘していたとされる。
  
–引用ここまで

この事件の場合、商品としての金(GOLD)やプラチナに投資する。それに関する契約を結ばせて、投資の為のお金(MONEY)を集める。しかし、実際にはリターンもなければ、本当に投資をしている実績も見えてこない。上手いことを言いながら、難癖をつけて出資者にお金を出させる典型的な「投資詐欺」である。
金、プラチナは殆ど景気に左右されない「硬い資産・投資商品」で有る事から、投資商品としては安定した人気がある。不安定な景況の昨今では、更にその安定性が際立ってきている。実際に「金(GOLD)」の方は、安定した資産であることは分かっているけれど、どこで手に入れ、どんな手続をして良いのか正直言うと余り知識がない。現金を「金(GOLD)」に替える事は出来ても、投資商品として出資するという取引は、もっと知識がない。ただ、高齢の方にとっては、株式、債権等のややこしい説明が必要になる様な投資話よりも、極めて解りやすく映るのだろう。ピカピカと輝く「金」。

高齢の方。幾ら資産価値が上がるからと言っても、金歯まで外して換金するのは止めにしましょう。空いた口が塞がらなくなりますよ。