「美容系サプリメント。無料お試し…」皆、 効いてると思い込んでいる。本当は無意味?健康への投資は、正に自己管理と真偽の見極めが大事です!

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s
五月晴れ。爽やかな春の空気と、後に迎える夏の暑さと紫外線対策。
そして、行楽へ出かける準備。真夏へ向けてダイエットや美容の準備をし始める時期でもあります。美容に対する意識が高まる、そんな心の隙を突いて美容効果を謳うサプリメントや美容機器を高額で販売し、利益を得ようとする美容・医療詐欺が多発し、被害者が出始める時期でもあります。街頭で「無料の美容モニターにご協力をお願い致します!」は最も危険な誘い文句だ。

数年前に、アメリカの医学誌が「サプリメントは健康効果なし」と発表。衝撃が走るも、日本では美容や健康に関する「ブーム」は一向に衰えることなく、トクホ等の商品も数多く発売されるようになりました。人間が求める究極の願いである「健康」は多少のお金を払ってでも手に入れたいものであります。病気や疾病に苦しんだ経験がある人なら痛感できる事だと思います。

–以下、引用記事

深海鮫エキスで「血がさらさら」とPR、実は根拠なし
8/31(木) 21:23配信  朝日新聞DIGITAL

「深海鮫エキス」をうたう島田製薬の商品(北海道経済産業局提供)
 「深海鮫(ざめ)エキス」をうたう健康食品について「血液をさらさらにする」と根拠のない説明をしたなどとして、北海道経済産業局は31日、販売する島田製薬(東京都中野区)に、特定商取引法違反(不実の告知など)で3カ月間の一部業務停止を命じた。全国の消費生活センターなどに相談が相次いでいたという。
 発表によると、同社は消費者に電話をかけて「シマダの深海鮫エキス100」などを勧め、販売。「飲むと血液をさらさらにして、3カ月もしたら完全なきれいな血液になる」「糖尿病に効く」などと告げていたが、効能を裏付ける合理的な根拠はなかったとした。断る消費者に再び電話をして商品を勧めるなどの違反行為もあったと認定した。
 同経産局によると、同社をめぐっては14年4月~17年7月末、北海道をはじめ全国の消費者から消費生活センターなどにトラブル相談や問い合わせが267件寄せられた。中でも14年度の相談は108件にのぼったという。島田製薬は「処分を真摯(しんし)に受け止める。消費者にはおわびをしたい」とコメントした。(末崎毅)

–引用ここまで

 サプリメントはあくまで栄養を補う為の物という位置づけだ。決してそれだけで体調が良くなるものでもなければ、むしろそればかりを頼りにしてしまった結果、健康被害まで生じる。そうした「エビデンス(証拠)がない」サプリメントは、商品宣伝による刷り込みによって利益を生む産業になってしまった。
 事実、テレビ通販等で盛んに宣伝されているサプリメントのCMでは、翌々耳を澄ますと「効果が期待できる」とアナウンスしているし、実際に服用した方々のインタビュー画像の隅の方には「あくまで、個人的な感想であり、効能があるとは限りません。」と注釈が小さな文字で書かれている。つまり、確固たる証拠がない限りにおいて、「多分、効果があるだろう」という極めて曖昧な売り文句に包まれているのである。
 全ての商品がそうした胡散臭さに包まれている訳ではないが、健康になりたいと言う欲求をうまく商売に結び付けているのには間違いがない。しかし、証拠がないのである。これは、健康や美容を目的とした、そして巧妙な詐欺的行為と言えないだろうか。サプリメントを飲み続けて体調を崩したとなれば、健康に投資したつもりが…。と言う悲惨な結果を生む。

「無料お試しキャンペーン中ですので、是非!」こんな言葉に注意してください。