国産だけじゃない!サプリメントの違い

>

国産と海外産の違い

国産の利点

国内メーカーのサプリメントといえばまずどれが浮かぶでしょうか。
ドラッグストアでよく見かける?それともCMで見る?または広告で目に入ることが多いかもしれません。それくらい現代人の体には栄養が不足しており、使用している方が多いのです。
何よりも手に入れる場合の入手手段の安定度は当然国産ブランドの利点です。
飲みなれている、もしくは聞きなれているメーカーが多く、化粧品から食品会社まで用途によって求める栄養素は違うと思いますが、そこまで抵抗感があるものは少ないのではないでしょうか?
継続して摂取することができ、不明な点はすぐにカスタマーサポートを頼ることも可能です。日本のサプリメントはおおよそ飲みすぎたという事態にならないのが良い部分です。

海外産の利点

では海外ブランドの得する部分とは一体何なのでしょうか。
栄養素も同じであれば安いものが良いと思うかもしれません。
ですが一番の違いは一粒に含まれる栄養素の量です。人間の体で摂取できる限界は当然ありますが、摂取しすぎて不調を起こす栄養は少ないですし、多すぎた分は排出されるのです。
大は小を兼ねるといいますが、不足するよりは多めに吸収できるようにいっぱい飲む……なんてことをしなくても、海外メーカーのものであれば1粒で国産ブランドの何粒にも値するということが多々あるのです。
もちろん日本に支部がなければ輸入するという手間と時間はかかってしまいますが、何粒もじゃらじゃらと飲むより1粒で多くと考える方もいらっしゃるものです。


この記事をシェアする